2017年7月28日金曜日

日本と仮想通貨

日本において、仮想通貨はどのような使われ方になるか、予想してみましょう。
まず、どのくらいの人が仮想通貨で買い物や支払をするようになるかどうかです。
参考として、証券はどの程度の人が利用しているか、調べてみました。

証券の特定口座は2,000万口座あるそうです。
証券会社における特定口座数が2000万口座を突破しました!

1人で複数の口座を持っている人、口座だけ作って取引していない人もそれなりにいるはずです。
そうなると、正味の人口は1,000万かそれ以下だと思います。

仮想通貨も同じぐらいでしょうか。だとすると、せいぜい1,000万人です。
bitFlyerの顧客数が60万人を突破
今年の6月で60万人なんですよね。1,000万人だと大体17倍になります。

仮想通貨の用途としては、日本では、国内送金だけなら仮想通貨はほぼ使われないでしょう。
理由として、まず第一に、銀行振込がものすごく整備されています。
次に、現在では仮想通貨の取引所が整備されておらず、販売所のスプレッドが非常に広いです。

暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する
送金手数料が安いといっても、買いで4%、売りで7%払ってりゃ世話はありません。
このスプレッドの問題は、仮想通貨の時価総額の拡大と取引所の発展に伴って次第に解消されると思います。

BTCならスプレッドも小さいですが、そもそも価格が変動するものを持ちたがらない人が圧倒的多数です。
販売所でのスプレッドも、往復で1%あります。100万円をBTCで送金するとスプレッドで1万円。
やはり使われないでしょう。

スプレッドに関しては、悪いシナリオもあり得ます。
日本の取引所で横並びに販売所のみしか開設せず、ユーザー間での取引が出来ない場合です。
この場合、いつまでも広いスプレッドが通用してしまいます。これは推移を見守るしかありません。

そもそも一般の人が送金に使うには、現在の状況ではハードルが高すぎます。
ネットバンキングで用が済むのに、わざわざ仮想通貨を使いたがる層がどれくらいいるでしょうか。

取引所のウォレットは信用できないから自分のウォレットで管理するべきで、でもその管理は全部自己責任だから、という仮想通貨世界の常識なるものは、一般に通用するわけありません。
銀行でいいじゃん、で終わりです。ただ、この風潮は日本では変わらないでしょう。それが国柄です。

となると、日本での仮想通貨で広く利用されるのは、やはりスマートコントラクトになると思います。
BtoBでの利用が多くなり、一般客は、我々のような物好きによる投機が大部分のままでしょう。
ただし将来的には価格変動のパーセンテージが小さくなるので、レバレッジ取引が主流になりそうです。

世界的には、銀行が日本ほど整備されているところが多いわけありません。
また、自国の通貨が信用できず、仮想通貨にしたいという需要もあるでしょう。
日本は、仮想通貨においても、やはり独特の付き合い方になる確率が高いと思います。

BTC週足

週足で見てみましょう。
見事なダブルトップを形成しつつあるのがわかります。
まだ完成してませんが、大きなダブルトップは2014年初頭以来ですね。

見方によっては、移動平均線を引き離しすぎたための休止にも見えます。
30週SMAはまだ1,633ドルです。追いつくまでにはまだ数か月かかると思います。

ファンダメンタルズで見ると、価格が下がったことに関しては、むしろ当然と言えます。
BCCが新しく出来ますからね。既に先物が、中国では取引されているようです。
BCC/CNY Spot trade

現在の価格は2,026元。日本円で33,000円ぐらいです。
仮にBCCの価格を3万円とすると、BTCは27万円でも計30万円となり、分裂前と同じになります。

11月にハードフォークするかどうかという議論も残っているようで、やはり年内は冴えないと思います。
それ以降は分かりませんが、落ち着いたところで買うことになるでしょう。


2017年7月26日水曜日

仮想通貨とリセッション

仮想通貨市場は現在暴落中ですが、そもそも時価総額は、今年のピークで11兆円程度でした。
これは東証2部と同じぐらいで、さほどの規模ではありません。
この程度の規模では、たとえ暴落したとしても、実体経済への影響はほぼありません。

ヘッジファンドも「仮想通貨」投資?多くのマネージャーはリスク懸念で躊躇
まだ、大口の投資家は仮想通貨に資金を注いでいないのです。
これは市場規模が小さすぎるためだと思います。

大口の投資家が大挙して押し寄せてきたときが、本格的なバブルの合図かもしれません。
そうなった時の時価総額は現在の数十倍か百倍か、ちょっと分かりませんが、相当大きくなるでしょう。
それが崩壊するときは、実体経済を巻き込んで崩壊するものと思われます。

これはストーリーのひとつに過ぎませんが、今後、株式のパフォーマンスは下がっていくはずです。
金融緩和の効果はいつまでも持続しませんし、米国ではとっくに終了しています。
仮想通貨による手っ取り早い信用膨張と収縮は、結構あり得るんじゃないかと思います。

2017年7月25日火曜日

仮想通貨暴落中

買ったとたんに暴落して見事な逆指標ぶり。
それはともかく、仮想通貨は7/16につけた安値をいまだに試していません。
チャート的にはこのポイントは試されなければなりません。

したがってETHは130ドル、BTCは1,800ドル近辺まで下げて、割れるかどうか試すはずです。
そこが割れればさらに下がりますし、手前で止まるかもしれません。
どちらになるか、それは今後の推移を見ていくしかないです。

予定数量の1/10弱は買ったので、今後は入金だけして下値の様子を見るターンに移ります。
特に下げトレンド入りすれば、数か月から1年以上は下がるので、その場合は忍耐が要求されます。
本当に我が愛する相場には、忍耐が必要です。

2017年7月22日土曜日

外国為替市場と仮想通貨市場

外国為替市場の取引高規模は、1日6545.5BUSD。主要国の市場規模
一方、仮想通貨は1日3BUSDぐらい(BTCとETHで2BUSD)。
市場規模でいえば、未だに法定通貨の1/2000以下です。

法定通貨の役割の一割を仮想通貨が担うとしても、654BUSD。
取引高ベースで200倍以上になる計算です。

ビットコインですら、現在の価格は、まだ過小評価かもしれません。
ましてイーサリアムなどは、まだまだこれからですから。
バブッた後ですが、今後もジリジリ買いを入れていきたいと思います。

2017年7月21日金曜日

イーサリアム買ってみた

bitflyerに口座登録し、イーサリアムを買ってみました。
ウォレットクラスならメールアドレスだけで登録できます。
またトレードクラスも書類が電子送付できるので、相当手続きが早いです。便利。

Lighting現物ならBTCの手数料が最大0.15%、ETHが0.2%なので、片道最大0.35%で済みます。
販売所は手数料無料とのことですが、取引所が相手なので、そもそもスプレッドが広めに設定されてます。
スプレッドが手数料じゃん、という突っ込み待ちなんでしょうか。

5年以上の保有が前提になると思います。放っておけばいいので、楽ではあります。
5年後にどの程度の市場規模になっているか、楽しみです。
あとは荒い値動きで動揺しないだけの精神力が要りますね。

2017年7月19日水曜日

Bitcoin Cash

ビットコインは、どうやらハードフォークする予定。
Bitcoin Cash

以下、一文引用してみます。
Those who do not want to follow our lead are free to use whichever chain they like.
「我々のリードについていきたくないなら、好きなチェーンを使えばいい」
ということで、我が道を行くようです。

ビットコインを持っていれば、自動的に分割されたBticoin Cashを取得できるとのこと。
ただし、取引所のウォレットの場合は、個々の取引所に依存するようです。
日本でBitcoin Cashを取り扱う業者はないでしょうから、その場合は破棄されるのかな?

少なくとも当分の間、Bitcoin Cashには値段がつかないでしょう。
取り扱う取引所も少ないでしょうし、皆が価値を認めなければそれまでです。

騒動の流れとしては、UASFの抵抗案としてUAHFが出され、第3のsegwit2xが支持を集めたが、結局UAHF。
一行でまとめるとなんだかよくわかりませんが、これで合ってるはずです。

UASFしないなら、Legacy > UASFのまま併存という危険性も無く、スーパーケイオスの可能性は消滅。
Cashのフォークは、中国マイナー勢が新しいコインを立ち上げるということを意味します。
ETHがETCに分裂した場合と同じで、さほど大きな混乱を伴わない分裂となります。

これはビットコインの分裂シナリオの中では、最良のシナリオではないかと思います。
スーパーケイオスは避けられますし、新コイン派は自分たちが認められれば価格がつくわけですからね。
これで分裂騒動は一段落したはずです。

下値も限定的になると思いますが、チャートを見ながら、という感じでしょうか。

2017年7月18日火曜日

BTCの分裂についての勉強

分裂するってどういうことなのかさっぱりですが、解説してくれる人ならウェブにいるわけです。
有難い世の中ですね。

まず、なぜそもそも分裂の可能性が出てきたのか。
ビットコイン分裂問題続報!UAHFからSegWit2xへ。SegWit2xとは?7月21日に注目!

UASFが実行されるとどうなるのか。
約10分で正しく理解する「8/1に何が起こるのか」

支持率の高いsegwit2xですが、コアディベロッパーからは総スカンです。
Segwit support

ディベロッパーが賛成しないんじゃ駄目じゃん?何故賛成されないのかについては、下記参照。
ビットコイン分裂問題の現在の状況と今後の展望
「ビットコイン分裂」の真相と深層

segwit2xの開発は順調とはいえないようです。
これのリリースが今月の21日ということなので、この日を境にBTCの価格がまた乱高下しそうです。

segwit2xのコードの出来が良ければ、仮想通貨の暴落は収束するでしょう。
さもなければ、BIP141が8/1以前に実装されるか、8/1以降にUASFが本流認定されれば良さそうです。
一方で、スーパーケイオス状態になる可能性もあります。今のところは見守るのがベストですね。

2017年7月17日月曜日

仮想通貨に必要なこと

この記事は大変面白かったです。
一般的な常識はまだ暗号通貨業界の非常識です。

仮想通貨は、セキュリティの点でどうしても一般に浸透しにくいのが現状です。
何か怪しいもの、というのが依然として日本での最大公約数的な見方でしょう。

個人的には、使う分には詳細な仕組みは分からなくてもいいと思います。
車、スマホ、PCなど、なんでもいいですが、詳細な機構を理解している人がどれだけいるでしょうか。
そんなに多くはいないはずです。

大多数の人に対して、取引所の他にウォレットを確保しろと言ったところでなかなか難しいはず。
面倒だし、その作業自体、自己責任になってしまいます。

これを株式に置き換えれば、証券会社にデータを置いておくのは危険だから自己責任で何らかの形で保存しておく、ということになります。
それじゃ浸透しないでしょ、というのが私の正直な感想です。

それでも補償の類には取り組んでいるところもあるようです。
ビットコイン取引所へのサイバー攻撃に備える保険をbitFlyerと三井住友海上火災保険が開発
また、取引所自体が損害保険に加入しているところもあります。

さらに、政府方針も徐々に整いつつあります。
日本政府、仮想通貨ビットコインを「貨幣」に認定!
以下、記事の一部と麻生大臣のコメントを引用してみます。
仮想通貨を実際の通貨と交換する業者には金融庁への登録を義務づける。

その上で、交換業者が顧客から預かる資金と自己資産を分ける「分別管理」のルールなどを導入して利用者保護を徹底する。 テロ組織に悪用されるのを防ぐため、口座開設時に顧客の本人確認義務なども課す。 法規制に違反すれば、金融庁による業務改善命令などの行政処分も検討する。

麻生太郎財務・金融担当相は、同日の閣議後会見で「利用者保護と不正利用防止に適切に対応することが重要だ。 5月の伊勢志摩サミットまでに法案の成立をお願いしたい」と話した。
大臣も2014年時点と比べると、大分捉え方が違ってきてますね。
やはり伸びる分野であることは論を待たないようです。

仮想通貨にかかる税金

利益が出た場合ですが、短期譲渡所得ないし長期譲渡所得に分類されることもあるようです。
短期譲渡所得なら約30%、長期譲渡所得なら約20%の税率になります。
これなら累進課税の所得税より低率です。

しかし、雑所得なのか譲渡所得なのか判然としない部分もあり、税理士に相談しておく必要があります。
また、長期譲渡所得とされるには、5年以上の保有が条件です。

値上がった仮想通貨でそのまま買い物をしたとして、それには税金がかかるのかどうか?
これもまだ議論されている段階で、明確な規定はないようです。
仕組み的に課税しにくいとは思いますけど。

なんにせよ、稼ぐ前から税金の心配をしていれば世話はありません。
今の下げが落ち着いたらちょっと買ってみようかと思います。

バブルモデルとイーサリアム

さて、絶賛バブル崩壊中のイーサリアム:ETHですが、どこまで落ちるでしょうか。
バブルモデルの図とETHのチャート(対数目盛)を比較してみます。
当然ですが、よく似てますね。

バブルモデルにおいては、絶望のさなかでテイクオフの価格を割り込んでしまいます。
ETHのテイクオフは、21ドルっぽいです(チャート緑線)。
現在は163ドルなので、バブルモデルと比較すればまだまだ下落余地があります。

経験的に、短期間のバブルは上がった時間と同程度の時間をかけて下がります。
テイクオフを3月初めとすれば、ピークは6月12日ですから、9月中旬までは下がることになります。
またテイクオフを年初とすると、12月中旬まで下がりますね。

ただ、イーサリアムがそんなにも凄いのであれば、下値もそれなりに踏ん張る可能性はあります。
50ドルラインかもしれません。
結局、どこまで下がるかは分からないわけですが、購入するにしても、少なくとも一ヵ月は早いでしょう。


2017年7月16日日曜日

仮想通貨メモ

ICO:Initial Coin Offeringというのが仮想通貨を使って行われています。
企業は一般に株式市場に上場しますが、仮想通貨を使って上場するということですね。
新株の代わりに独自仮想通貨の割当を受けると。

それで、イーサリアムを使ったICOがドットコムバブルのように湧き出ていたようです。
瞬く間に数十億円単位の資金を集めた企業もあったとか。
上がるから買う、買うから上がる、仮想通貨バブルの出来上がりです。それが現在崩壊中。

ただ、今後の発展可能性としては凄そうです。
仮想通貨での株式市場が出来たという感じ。
となると、やはり成熟すれば仮想通貨世界で東証1部ぐらいの時価総額は構成されるのかもしれません。

ICO相次ぎ買い殺到でイーサリアムが下落
バブルが崩壊するのに理由なんて何でもいいわけですけど。
ともあれ、取引量において制限がかかっていて、決済が遅くなるのは確からしいです。

イーサリアムの取引の速さは、現在、15取引/秒ということだそうです。
取引/秒はtps:transactions per secondと書かれます。
大手のクレジットカードは平均2,000tps、最大tpsはさらに高いらしく比較になりません。

そこで、Raiden Networkというバージョンアップが入るようです。
これが実装されると、tpsの問題は無くなります。
他にも、手数料が安くなったり小さな単位の支払いが出来たりするようです。

ただ、いつ実装されるかは分かりません。
ビットコインも同じ問題を抱えているため、Lightning Networkというバージョンアップがあるようです。
しかし、現在の価格は、既にこれらの要素は織り込まれていると考えていいでしょう。

まあ、詳細な技術論はさっぱりですが、まだ幼年期~青年期というのはよくわかりますね。
スマートフォン、携帯やPCがこの20年で急速に普及したように、仮想通貨も20年ぐらいかかるんでしょう。
ビットコインの取引開始日は2009年。となると、やはりまだ道半ばといえそうです。

2017年7月15日土曜日

仮想通貨の将来性

こればっかりは分かりませんが、とりあえず単純に考えてみましょう。
仮想通貨イーサリアムがほぼ100%急落したワケ

上記のサイトに、6月24日時点での仮想通貨の市場規模は約10兆円とあります。
今は下げてますから、8兆円ぐらい?
ちなみに、東証2部の時価総額は9兆円です。現在は東証2部ぐらいとも言えます。

よく分からないけど物凄い便利らしい仮想通貨の市場規模は、どこまで到達しうるのでしょうか。
東証1部ぐらい? 
仮に東証1部とすれば600兆円なので、ざっと60倍ですね。

ETHは、USDならもっと大きいチャートがありました。
いくつか物凄い下ひげを付けていることがわかります。
ETH/JPYのチャートは穏やかですが、自動の反対売買はやめた方が良さそうです。

それにしてもチューリップバブルのようなチャートですね。
でも2016年には1ドルしてないので、1.5年で400倍を記録したことになります。
こりゃ凄い。やっぱり頭おかしい。

仮にそんな値上がり益が出たとしても、利益確定が非常に難しいですけどね。
55%払うか、暴落も気にせずオマハの爺ちゃんを気取るかしかなさそうです。
まだ買ったことすらないので、今回のBTCの分裂騒ぎで景気よく下がってくれることを期待しましょう。


ビットコインはもう古い?

仮想通貨について調べてみましたが、イーサリアムやリップルという第2世代の通貨があるようです。
第2世代だけあって、それぞれビットコインと違った特徴があります。

イーサリアム:ETH
BTCとの違いは、契約を付加できること。
イーサリアムとビットコインの違いは?

リップル:XRP
仮想通貨というより、銀行間で用いられるサービス。通貨と通貨の橋渡しをするもの。
ビットコイン リップル 違いは?
リップル(Ripple)とは? 仮想通貨としての特徴と購入方法について
 
ビットコインは、現在では取引所がかなり整備されてきた印象です。
世間に徐々に受け入れられてきた感じがします。
しかし、これらの通貨はまだ知名度も低く、まだまだ萌芽期と言えそうです。

ちなみに、イーサリアムの日足チャートを載せます。
もうね、日足でこれですから。頭おかしい。

取引所をメモっておきます。
  • bitFlyer  トレードクラスの口座開設でBTCの購入が可能。またBTC/ETHの交換が可能。手数料はBTC/JPYで0.01から0.15%。ETH/BTCで0.2%。
SBIもバーチャルカレンシーズというサイトを作ってますが、まだ稼働はしていません。
現状だとETHを買うならbitFlyerかな。

問題は税区分なんですよね。4,000万円以上の利益だと所得税45%、住民税10%で計55%です。
これだと、円で利確した瞬間に55%吹っ飛ばすのと同じ。また、損が出た場合も相殺できません。
さっさと法整備して、株と同じ20%にしてほしいものです。

現状だと、ETHで稼いだ額はそのままETHで使うか、あるいはBTCにして使うしかなさそうです。
徐々に法定通貨から仮想通貨にシフトしていく時代かもしれません。

2017年7月14日金曜日

1430 1stコーポレーション

中期計画を更新しました。
といっても、2019/5月期の数値目標を2020/5月期にスライドしたような感じです。
下方修正ですね。

株価は、ほぼ無反応でした。
正直、計画が達成されたとしても、株価はかなりゆっくりとしか上昇しないでしょう。
日経平均が20,000を超えている現状ですから、これは仕方がないと思います。

マクロで見極めが必要なのは、米国がどこまでBSの縮小および金利上昇に耐えられるのか、という点です。
また、ユーロ圏も緩和縮小に向かうようです。日銀は絶賛緩和中ですけど。

コラム:ドラギECB総裁、次の難題は緩和解除の適切な時期
日銀資産500兆円突破 5月末、金融緩和映す

緩和は米国、ユーロ圏、日本の順で終わっていくことになります。
こうなると、次の暴落時の緩和余地もこの順番そのままで、日本は最も緩和余地のない国になります。

次の暴落は、アメリカないしユーロ圏での金融引き締めの行き過ぎが切欠になりそうです。
それは2015年のチャイナショックより大きな影響があるはずで、結構な下げになるでしょう。
その時まで、BTCや金などは十分に下げておいてほしいものです。

2017年7月7日金曜日

1430 1stコーポレーション

通期決算が発表されました。久々に、チャートも週足で見てみましょう。
チャートだと、30週MAがトレンドをよく捉えています。
昨年の9月から安値を切り上げてますが、微妙にダブルトップに見えなくもないです。

業績予想といえば、通期予想はほぼ以前の会社計画通りです。
株価は、上半期の減益を嫌忌したか今日は下げました。
25日、75日で支えるかどうかというところです。

1,200に壁があり、1,350~1,400も抵抗帯です。
また、業績は堅調に推移する予定ですが、目の覚めるような伸び率ではありません。
上半期の業績は減収減益予想です。向こう半年程度は1,000から1,200のボックスかもしれません。

マクロは、まだ慌てる時間ではありません。
しばらく保有ということになりそうです。
様子を見て、アルデプロばりに怪しい進捗なら逃げだします。


2017年7月2日日曜日

ドル円

そろそろ円高のトレンドラインが切れそうです。
下のチャートは日足ですが、トレンドラインを叩いてます。
月足で見ると、ちょうど24ヵ月移動平均線とも衝突中です。

直近の円高ピークは4月半ばで、以降、円安方向に切り上がっています。
トレンド転換っぽいですが、どの程度動くのかはわかりません。
円安方向だと、主要な抵抗帯は115円、118円でしょうか。直近の壁なので。

壁がどの程度機能するかですね。
現状は、ファンダメンタルズで見ればダウや日経は株高ですが、順調なら乗っておくのが妥当かと思います。