2019年5月16日木曜日

車と為替

そろそろ自家用のコンパクトカーを買い換えようと思い、何にするか検討してます。たかだか200万前後の車を買うために、いつまでも延々と調べていると人から笑われてしまいそうですが、しかし色々比較するのは相場に限らず楽しいものです。

国産メーカーは勿論、ヨーロッパのコンパクトカーも一応ざっと調べました。欧州車の新車価格は、国産メーカーに比べると、かなり割高に見えました。

考えてみれば、実効実質為替レートにおいて、現在はプラザ合意前に匹敵する円安です。雑魚な円で欧州車を買おうと思えば、割高になるのは当たり前。つまり今の状態では、欧州車は円安プレミアムが上乗せされていて、故に価値と価格に乖離が出てしまうと考えるのが自然なのです。

円安プレミアムを払ってまで欧州車に乗りたいと思うかどうか。それはブランドプレミアムとは別物で、ただ円が弱いために発生しているプレミアムに過ぎないので、無駄な金に見えてしまいます。

逆に言えば、欧州車が一番安く買えたのは、95年前後の、戦後の実効実質為替レートが最も円高だった時期ということになるでしょう。いつかまたそういう時が来たら、時期と見て欧州車を買うかもしれません。

2019年5月15日水曜日

仮想通貨の雑な値動き

流石ビットコイン。365DCMもなんのその。あっという間に8,000ドルに触りました。物凄く雑な値動きで、まさに投機家の舞台と言えます。去年あれだけ6,000ドルで支えてますから、常識的には6,000ドルは結構な抵抗線になるはずなのです。それが一日二日ですよ。 壁になってないじゃん。

365日のDCで見ても、既にかなり高い方になっています。値動きが早過ぎて付いていけない感じですね。こういう相場に慣れてしまうと、日経平均などは値動きが鈍く感じてしまいます。しばらく下がると思いますが、下げが鈍いので時間がかかります。いつ終わるんだろうか。

レバレッジは使いたくないので、値動きの雑さで言えば小型株ならいけそうですが、流動性の点で売買がちとやりにくく、また相場全体の勢いも影響します。つまり、個別で見れば好転しているけど、相場全体が鈍いから値上がりも鈍いという事態になり得ます。

そういう点では仮想通貨はいいですね。サイクルは早いし、個別株と比べれば流動性はあるし、値動きは大きいし。日本政府の酷吏による残忍な税制を除けば、全く理想的です。麻生の爺さんをなんとかしろ。老人が若いもんの足をいつまでも引っ張るんじゃねぇ。


2019年5月12日日曜日

7270 Subaru

スバルは結構きれいな放物線を描いています。ファンダメンタルズで言えば検査不正が業績に響いているわけですが、チャートから言えばアベノミクスによるサイクルが一足先に終わっただけです。

日経は、まだあまり下げていません。日経が動くにはドル円が動く必要がありますが、110円前後で張り付いています。実質実効為替レートからすると、現在はプラザ合意前の水準まで戻っていますから、スーパー円安です。Subaruはボーナスステージの途中で転んだ、という感じでしょうか。

今後円がどっちに行くかは知りませんが、少なくともSubaruはしばらく触らない方がいいでしょう。今期はEPS273円の予想ですが、ベアの時の業績予想なんて当てになるものでもありません。

2019年5月11日土曜日

ETH日足

最近はビットコインばかり上昇して、アルトはいまいちですが、これは上がり方の癖の違いによるものだと思います。ビットコインはジリ上げの傾向がありますが、アルトは爆発的に上がります。

ETHを見ると、200日DCMは超えました。ビットコインの上げと時差付きで上げが来ると思います。何時になるのかは分かりませんが、いくら何でも半年もずれないでしょう。早ければ一ヵ月以内、遅くても数ヵ月以内だと思います。

BTCと比べると最近はパッとしていないETHも、安値83ドルからすれば倍以上になっています。吹き上がるのも時間の問題ですから、今のところホルダーはアホルダーになってじっと待つのがよろしいでしょう。


2019年5月10日金曜日

TOPIX週足

TOPIXは2018年から下げ相場に入っています。1,600ちょいで戻しが終わり、1,408を試しに行くターンです。1,408を割るのか、手前で踏みとどまるのか、それは今後を見てみないと分かりませんが、まだ強気になれる形ではありません。

仮想通貨市場が株式市場に先行しているという主張もあるようですが、たまたま下げが始まる周期が重なっただけのように思います。ビットコインはトレンド反転したので、その主張に従えばぼつぼつ株式市場も反転しなければなりません。が、それはちょっと都合が良すぎます。

仮想通貨は既に反転しているので、TOPIXの鈍い下げ足が逆にパッとしない印象になってしまいますが、仮想通貨のヤバすぎる下げ足と比較する方がナンセンスなのかもしれません。もうしばらく、ダラダラ下げそうです。


2019年5月9日木曜日

ビットコイントレンド転換

200日DCMにぶつかったとおもったら、365日DCMにぶつかっていました。直近の安値3,200から見ればほぼ倍増。365日のモメンタムはまだ0ラインを交差していませんが、時間の問題でしょう。トレンド転換したと見ていいと思います。

6,000ドルもあっさり超えてしまったので、思ったより強いです。繰り返しになりますが、本番は20,000ドルを超えてからなので、まだまだ先です。綺麗なU字を描くとすれば、2018年から一年下げましたから、20,000ドルは今年の年末ぐらいということになります。

そんなに上手くいくのかどうか、ちょっと分かりませんが、時間が明らかにしてくれます。遅くても来年中を期待したいところです。


2019年4月27日土曜日

Bitfinexに不正?

なんかここ数日妙にアルトコインが弱いなと思いましたが、Bitfinexに関するニュースが原因のようです。
【速報】ビットコインが急落 テザー社の裏付け資産不正利用が発覚「950億円相当」
ビットコイン急落に繋がったテザーの不正利用疑惑を「全面否定」 Bitfinexが公式声明

NY司法長官が指摘したテザーの不正利用がフェイクなのかどうなのか、まだはっきりしません。Bitfinexはこれを否定しています。真っ向からぶつかる感じですね。私もBitfinexにアカウントがありますので、メールが届きましたが、資金消失については、"categorically false"と強い否定をしていました。

この手のニュースにいちいち動じていたら、仮想通貨相場では身が持ちません。Bitfinexの説明によれば、いくつかの国の規制当局によって差し押さえられ管理されている資金ということですので、それが本当なら無くなるのは不自然です。じきに決着がつくでしょう。