2017年12月7日木曜日

IOTAアドレス数とチャート

$5.5で一旦高値を付けました。
今後の推移は分かりませんが、アドレス数から推定した値幅は、私が思っているより正しいのかも。

つまり、 この前の高値は8月だったわけですが、アドレス数2.2万で$1.1でした。
現在のアドレス数は10万ちょいだと思われるので、約5倍規模です。よって$5.5。
こうなると、IOTAの価格予測は一応できます。

2018年末でアドレス数100万、2019年末は1,000万、2020年末で2,000万。
それぞれ、予想される値幅は$5~$45、$50~$450、$100~$900となります。
値幅が広すぎて予測になってないと感じる人もいると思います。私もそう思います。

しかし、実際の値動きにしても、10月末の安値$0.32から1.5ヵ月程度で$4と、デタラメです。
こんな値動きをするものを、そんなに精度よく計算できるわけありません。
もっとも、アドレス数からの値幅予測も、それを超える値動きがあれば修正しなければなりません。

何度か書きましたが、重要なのは安値ラインです。
3年後に$100であれば、現在の$4から見ても25倍となります。
下手な売買休むに如かず。ネットワークの成長をぼーっと待つだけです。

退屈?そうですね。Good investment is boring. って偉い人も言ってましたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿