2018年1月29日月曜日

金融庁の会見について

会見内容について、 ここで報告されています。
ビットプレスツイッター
Q.コインチェックに求めた報告について A.4点求めた。1.発生原因 2.顧客対応・今後の予定 3.拡大防止策 4.財務・資金繰りの影響 1・2・3についてまだちゃんとした対応が練れていないと判断
Q.コインチェック社の現状について A.報告では返済できる原資があると受けているが、まだ具体的な所は今後精査。
これは確かに、現時点で十分な説明が出来るわけありません。コインチェックも原因調査中のはず。
再発防止策となれば、コインチェックは内部を相当見直す必要があります。
全てを文書にして報告するまでには、それなりの日数がいると思います。

加えて、やはり匿名性の高い通貨の取り扱いには、当局は慎重のようです。
コインチェックの資金洗浄対策に懸念 金融庁、再三指摘

それにしても、コインチェックの預金封鎖はいつまで続くんでしょうか。
少なくとも、日本円、ビットコイン、イーサリアムの3つについては出金可能だと思いますが。
お客が減るだけなのにね。

0 件のコメント:

コメントを投稿