2018年1月28日日曜日

CC、ハッキング被害を補償

自己資金で、NEM保有者に補償するそうです。
規約では会社に責任がないと書いてありましたが、それでは流石に世間が納得しないでしょう。
1NEM88.549円だそうで、値下がり分が加味されてますが、まあ妥当なところですね。

それでも500億円弱にはなるので、やはりぼったくり手数料で随分儲かっていたようです。
不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

一応、方針は妥当なラインで出したと思います。
利用者は一時的に減るでしょうが、500億ポンと出せるなら、事業継続は可能でしょう。
てか、そんなに金出せるなら資金凍結しなくて良かったじゃん?テンパったんでしょうか。

調べてみると、コインチェックの月間取引高は、BTCだけで8兆円を超えています。
手数料が0.25%としても、月間200億円になります。月次取引高
また、オルトのぼったくり手数料も、全部合わせれば月間数百億円にはなるでしょう。

ペッパーフードサービスですら業績回復してるんですから、CCが業績回復できないわけはありません。
地道な仕事をこなしていくのが、一番近道なんですよね。
努力次第で、また日本でも有数の取引所になれると思います。早く金出すのが前提ですが。

この際、取り扱う通貨を減らすのも一案だと思います。
こういう事件の後では、オルトのぼったくり手数料も相当下げないと、顧客が戻らないでしょう。
コインチェックの手数料が下がれば、結果的には競争が激しくなっていいのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿