2018年2月13日火曜日

Andreas Brekkenさんへの反論

さて、Brekkenさんから滅茶苦茶酷い評価を受けたIOTAですが、それに反論している方がいます。Ralf Rottmannさんです。記事を紹介します。Andreas Brekken proves he has no clue about the Internet of Things

彼の反論の主要と思われるポイントを引用して、日本語訳をしてみます。
More than 90% of his article deal with him having difficulties building, compiling and installing things: He does not appear to be somebody, who deeply understands technology or is used to setting up infrastructure level software. This would be just fine, not everybody needs to be in tech. However, if you’re so obviously overchallenged, you might not want to present yourself to the world, as being cryptocurrency land’s authoritative reviewer. Step back. Take a deep breath and start learning from the best. IOTA has lots of brilliant minds and a community driven by respect and mutual learning.
彼の記事の90%以上で、彼がインストール、コンパイル、構築で困難を伴ったことが扱われている。彼が技術について詳しい人、ないしソフトウェアのセットアップについて慣れている人には見えない。これは別に構わない。全ての人が技術に長けている必要はない。しかし、普通の人は、明らかに技術的に難しいなら、暗号通貨のレビュアーとして世に出ようと思わないかもしれない。一歩下がって。深呼吸して最も良いものから学ぼう。IOTAは多くの素晴らしい精神と、敬意と相互の学習によって運営されるコミュニティを持っている。
In the final 10% Andreas concludes, that IOTA cannot be used on the Internet of Things, because — please don’t laugh, I’m quoting his article — “[…] a smart lightbulb or drone [cannot] stay in sync with the tangle[…]”. If anybody actually reads to that last paragraph, it is fair to assume that by then it has become clear, that the author is almost the opposite of a technology expert. However, the fact that Andreas doesn’t even understand one of the most fundamental concepts of IOTA, is embarrassing to say the least.
Andreasは、記事の最後の10%でこう結論づけている。IOTAはIoTに使われない、何故なら---笑わないで欲しい、記事を引用するから---「スマートな軽い電球やドローンはTangleに同期できない」この最後の段落を実際に読んだ人なら誰でも、記事の著者が技術のエキスパートとは対極にあると思うのは自然だ。ともかく、AndreasはIOTAの最も基本的なコンセプトのひとつすら理解していない事実は、いくら控えめに言っても恥ずかしいことだ。
Well, let’s be patient and explain one more time: On the Internet of Things, edge nodes are mostly low-powered, occasionally connected devices, sometimes with just a few kilobytes of on-device memory. Nobody expects those devices to be in sync with anything. That is, why IOTA has a concept of nodes. Fullnodes and permanodes. These nodes stay in sync with the Tangle. Or, if you consider use cases which require offline-capabilities, even just with subparts of the Tangle, which can be attached back to the main Tangle at a later point. Simply brilliant, or? Andreas, you can stop trying to sync your 4 US$ sensor tag with the Tangle. It’s never meant to be.
さて、忍耐強くなるとして、もう一度説明しよう。 IoT上では、エッジノードの多くは低い電力で時々繋がるデバイスだ。時にはオンデバイスメモリの少量のキロバイトで。誰もこれらのデバイスがあらゆるものと同期することを期待していない。これが、IOTAにノードのコンセプトがある理由だ。フルノードと永久ノード。これらのノードがTangleと同期を保つ。これによって、オフラインの機能が要求される使用例では、Tangleのサブパートでも、メインのTangleに後で戻すことが出来る。で、どうなるかって?Andreas、お前は4USドルのセンサータグをTangleに同期しようとするのを止めることが出来る。それをTangleに同期しようとするのは意味がない。
こんな感じです。オンデバイスメモリ云々の詳細は分かりませんが、別に全てのIoTデバイスがTangleと常時繋がる必要はないということですね。ウォレットに関しては開発段階であることを認め、素晴らしいウォレットが今後出てくるとも述べています。

私の興味の大部分は価格ですので、技術的な詳細は分かりません。アドレス数の増加に伴って価格が伸びている間は保持する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿