2018年2月10日土曜日

日経平均

株ブログなのに仮想通貨ばっかりになってます。たまには日経平均でも取り上げようかと思います。なんか最近下げたらしいので、大局的に月足チャートを見てみます。

当たり前ですが、株価が上がっていても、モメンタム指標の最大値は下がりつつあります。勢いはなくなってきていると言えそうです。とはいえ、24ヵ月移動平均線は価格の下で上向きなので、まだ下げ相場とは言えません。

ファンダメンタルズで見ると、アメリカの金利は上昇中、金融引き締めターンです。金利の上昇は、何故か分かりませんが、伝統的に、アメリカが高金利に耐えられなくなるまで機械的に続けられます。

アメリカが耐えられなくなるのがいつなのか分かりませんが、ともかく時間の問題である点には変わりません。私は日本の株を全然チェックしてませんが、去年の時点で安いと感じる株はなかなか探すのが難しい状態でした。ましてさらに値上がってますから、もう後は食べられるだけの太った豚さんにしか見えません。

日本株を取り引きされている方は、慌てて脱出する必要もないと思いますが、しかし徐々にでも現金比率を高くしていくべきターンだと思います。値動きの芳しくないものから売るようにしていけば、自然とそのうち綺麗に片付いてしまうのではないでしょうか。

もちろん、多様化の一手段として、仮想通貨もお勧めです。仮想通貨だってファンダメンタルズとチャートを見て、いい取引だと思えばさっさとやればいいだけで、株と大差ありません。投機の技術は応用が利くものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿