2018年2月6日火曜日

IOTA

こちらも200日移動平均線を割り込みました。現在のアドレス数は27万程度です。今までのIOTAのアドレス数当たりの安値で計算すると1.33ぐらいが安値ですが、もうすでにそのぐらいなので、これも更新すると思います。

上場して1年も経ってませんから、アドレス数当たりの高値安値は今後も更新される可能性があります。高値はあまり更新しないかもしれませんが。安値水準は下げ相場で切り下がっていくでしょうが、アドレス数自体は今後も爆発的に伸びていくのに間違いはありません。

IOTAは、今の価格から半額になってもおかしくないと思ってますが、それだと0.7ドルです。0.7ドルになるまでしばらく時間もかかるでしょうから、50万アドレスで0.7ドルぐらいでしょうか。なんとも、今後の相場を見てみないと分かりません。

相場は爆下げしているので、今からの急反転は、コインチェックが約束通りの補償をするぐらいの奇跡がないと無理でしょう。下げるだけ下げて、半端な人から退場していくのが自然なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿