2018年3月4日日曜日

IOTA日足

もう下げトレンドと衝突するかしないかぐらいまで来ました。このまま価格を維持すれば、1週間以内にはトレンドラインが切れそうですので、反転の見込みも出てきます。

問題はやはりコインチェックで、まともに分別管理していなかった同社は、顧客のコインの一斉出金に耐えられないであろうと思います。しかし、当然いつまでも誤魔化せるものではないですし、金融庁の面子にも関わりますので、今月中には顧客資産の引き出しについての発表が欲しいものです。

取り付け騒ぎを防ぐには、一つの方法としてBitfinexがやったように顧客資産をある割合でカットしてしまうことが考えられますが、しかしどの程度の割合になるのか分かりませんし、割合カットだと多く預けた人ほどカットされてしまうので、不公正が著しくなります。

大企業の資金投入で丸く収まればいいですが、コインチェックの不誠実な経営陣と話がまとまるのかどうか、やはり個人的には疑問です。何はともあれ、時間が経てば経つほど訴訟も規模が大きくなっていきます。一刻も早い出金再開が望まれます。


0 件のコメント:

コメントを投稿