2018年4月25日水曜日

4382 HEROZ

人工知能で将棋アプリを作っている会社ですが、マザーズに上場したそうです。
人工知能将棋アプリのHEROZ、時価総額1611億円デビュー(IPO当選組はノーリスクでテンバガー達成)
業績のハイライトはこちら

ハイライトを見ると、今期は営業利益率が大幅に改善しています。しかし、過去4年間では、パッとしない業績があるだけです。今期も売上が伸びているわけではなく、来期以降の業績予想などもなく、どの程度の伸び代があるのか全く分かりません。

今日もストップ安で寄り付いていませんが、それでもPERは500倍とかそういうレベルです。どんな企業でも、500倍のPERを正当化する成長は出来ません。しばらく下げるでしょう。こんなデタラメな値段が付くんですから、相場がいい証拠ですね。

米国の政策金利は、現在1.75%だそうです。米国では、可能な限り、機械的な金融引き締めが続くはずです。緩やかに引き締めが行われているので、相場が崩壊するタイミングが後ろになっています。どこで耐えられなくなるかは分かりませんが、そうなった時は、それと分かるでしょう。

HEROZに関しては、下げ相場でこんなIPOは不可能なので、上場のタイミングはほぼ最良と言えます。そういう見極めは評価できますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿