2018年6月9日土曜日

ダウ長期チャート

ダウ長期を見てみましょう。現在のRSIは非常に強いです。ここまで強いのは、実に1996年~1997年以来です。ダウは1987年のブラックマンデーから2000年のITバブルまで、若干の横ばい相場が入ってますが、長期の上げ相場です。2009年のリーマンショック以降の相場とよく似ています。

当時の金利を見てみると、1992年に3%になるまで金利は下がっています。その後、2000年に6.5%まで上がっています。現在はそこまで金利は高くないですが、水準が変わっただけで、金利が下げ止まってから上げ続けてどこかで破綻するパターンは変わりません。

そういう意味では、現在は1996年~1997年の状況に近いと言えるかもしれません。もう2年ぐらいは惰性で頑張ってくれるのではないでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿