2018年6月12日火曜日

カイロプラクティック

私の母は、10年以上前から両手の薬指、小指に痺れがあり、右足が思うように上がらず引きずって歩くような状態でした。病院では脊柱管狭窄症と診断され、頸椎の5番と6番が圧迫されていて、手術が必要と言われました。診断も10年以上前の話です。

手術に抵抗があった母は、そのまま病院にも行かなくなりました。どうしても整形外科では、レントゲンから手術のコンボになってしまいます。どうしようもなく、そのまま10年以上も放っておいてしまいました。

ところが、ひょんなことから私の両膝が痛くなり、ネットで整体を探しました。そこでカイロプラクティック(Chiropractic:脊柱指圧療法)で、やたらとネット上の評価が高い整体がありました。脊柱管狭窄症にも効果があり、施術は軽く触れる程度で、1回1時間程度で済むとのこと。

んなアホな、と思いつつ、母に見せたら受けてみるとのことで、施術をしてもらいました。1回の施術で背筋が良くなってました。意識して背筋を伸ばしているのかと聞いてみると、勝手に伸びてるとのこと。右足も上がるようになってました。1回では流石に全快とはいきませんが、別の体になったようだと母の言。

狐につままれたような感じですが、間隔を空けて施術をすることでさらに良くなるとのこと。カイロプラクティックが万能というわけではないでしょうし、どこのカイロプラクティックでも良いというわけではないでしょうが、東洋医学的なアプローチも十分に有効であることがわかりました。

引き続き施術を受けていく予定ですので、進捗を書いていこうと思います。仮想通貨相場?まあ余力のある人は適当に拾ってりゃいいですよ。

追記
両手の痺れは変わらないそうです。今後の施術でそれらも良くなっていくのかどうか、書いていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿