2018年6月13日水曜日

BTC週足

たまには週足で見てみましょう。2011年からのチャートです。2013年末からの下げ相場では、RSIがボトムを打つまで1年ぐらいかかっています。今回の下げ相場はまだ半年ぐらいです。ようやく価格が52週を潜り込みました。

今の下げは、過去の下げ相場と比べて値下がり率が大きいわけではありません。ではさらに下げるのかというと、それもはっきりはしません。流動性は大きくなっているんだから、変動率も小さくなっても良さそうなものです。

当たり前ですが、2011年からの上げ相場と比べると、2015年からの相場は上昇率が小さくなっています。利用者が増えて、それなりに成熟してきたためだと思います。未来の相場では、さらに小さくなるはず。仮想通貨を買うなら、やはりまだ利用者が少なく、開発余地の大きいコインを買うべきでしょう。

BTCは6,000が下値目処ですが、結局どうなるかは相場に聞かなければ分かりません。現在は下降三角形パターンを形成しつつあるようにも見えます。しかし、保合いパターンの形成に半年以上かかっているのは変ですし、既に出来損なっているとも見えます。

何にせよ、もうしばらくパッとしない相場が続くと思っておけば間違いないでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿