2018年7月12日木曜日

BTCの供給量

一応、最大で2,100万BTCということになっていますが、実際はもっと低いようです。
600万BTCが永遠に喪失、ビットコインの価値は上がるのか?
BitGooの前リードエンジニアで、現在はCasaHODLを開発中のジェムソン・ロップ氏は、推定で400万BTCが失われ、200万BTCが盗まれたと述べた。2018年7月現在、計600万BTCがアクセス不可能になっている。
盗まれた分にアクセス不可というのがよく分かりません。盗まれた分は盗んだ人が換金したりするのでは?無くなったというのは、いわゆるセルフゴックスですね。400万BTCは失われたそうで、現状では最大供給量は実質1,700万と考えて良さそうです。

供給量が制限されているというのは仮想通貨の大きな特徴の一つです。仮想通貨だって無限に作れるやん、という意見もありますが、半端な通貨では市場を形成できません。ICOは詐欺案件だらけ? 800以上の仮想通貨が「1セント以下」に 競争の世界で自然と供給が制限されると見ていいでしょう。

現在の仮想通貨市場は、ITバブル崩壊後のIT株のようなものです。大体総悲観っぽくなってきた感じがしてます。まともに開発されている通貨を見極め、適切に拾っていけば、相当な利益になると思います。なお、結果は保証しませんのでご了承ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿